麺が食べられず悲しい

いつかわたくしは身長167cmウェイト60kgでしたが、低糖類減量を行うことによりウェイトを7kg減らすことができました。今回は低糖類減量の箇所に関してお伝えしたいと思います。

本当に、そもそもなんで人体に脂肪がついてしまうのか。糖類をとると、体の中でブドウ糖として小腸から吸収されます。

そのブドウ糖はインスリンの実行により肝臓や筋肉におけるグリコーゲンにインストールされ、グリコーゲンがいっぱいになると脂肪細胞に取り込まれ、太っていきます。但し脂質やタンパク質はインスリンが配布されず、脂肪細胞に活気が取り込まれないということです。つまり、タンパク質や脂質を摂取する場合は太らないということです。

そのことを知ったわたくしは、できるだけ炭水化物を取らない飯を心がけました。午前はパンを辞めて卵やウィンナーなどを召し上がるようにする、フルーツは食べないようにする、米国を減らして豆腐を摂るようにする、ドリンクやコーヒーを飲まず水やお茶を飲み込むようにするなどです。また低糖類のレシピ本を購入し、どの食材に何の材料が入っているか、どんな低糖類食事があるかを調べて食事を行うようになりました。

ちなみに摂る量の監視は行っていません。潤沢まで食べるようにしていました。初めは食事、パン、麺が食べられず悲しいパワーをしましたが、慣れてきたら食べられないことが考えにならなくなりました。

結果は、半年で5kg痩せ1クラスで7kg痩せこけることができました。今は減量を通していた時と比べて糖類をとることが増えましたが、ウェイトが55kgから目立ちたら糖類を制限するようにしたところ、安定して55kg以下のウェイトを保つことができております。運動してウェイトを痩せこける先から簡単ですので、正邪君たちも試してみてはいかがでしょうか。すっぽん小町

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です