腹の流ちょう所為もあるのでしょう

身は大豆グッズが大好きで、豆腐や豆乳や納豆を一心に食べます。
その中でも、豆乳が好きです。
凡庸だけど、美容を意識してある感じがするので、ちょっと考えが引き締まるんです。

も、まだまだお良いんですよね……
安さを重視して1リットル計画を購入しても、1日に飲めるボリュームは決まっているから、気がついたら傷んでいて泣く泣くかなぐり捨てる状態になったり……

そんな時に、「きなこも大豆グッズじゃん!」と思い起こし、きなこを低脂肪牛乳に混ぜて飲んでみました。
きなこは100円そば、低脂肪牛乳は130円程度で購入できるからお買い得だ。
豆乳は身寄りが不向きで身ほか誰も飲まないけど、低脂肪牛乳なら総出飲み込むから無駄にならないですし。

お味の顧客は……う~ん、甘味が足りない?
も、上白糖やグラニュー糖を入れたらせっかくの健全ムードが台無しものの……

そこで、はちみつを入れてみたところ、ほどよいナチュラルあま味がGOODでした!
オリゴなんかでも良さそうだ。
バナナと共にミキサーにわたって飲んでも喜ばしいだ。
呑む和スウィーツって感じが始めるし、腹持ちも良くなるので減量中に小腹がすいたところちょうどいいです。

効果の顧客は、てきめんでした!
予め、お通じがよくなりました。
バナナを入れるといったますますモリモリって……(汚くてすみません)

腹の流ちょう所為もあるのでしょうけど、お肌も整ってきて、お化粧の雰囲気もよくなりました。
また、豆乳を飲んでいたケースからのそのままの効果として、メンス回転が安定して、メンス痛が早く済んである。

ただ、豆乳を呑みすぎていたところ、メンスが乱れて重くなったことがあるので、毎日1杯を厳守してある。

大豆イソフラボンは、摂取しすぎるって健康に害があるそうなので、効果のある範囲で継続して摂取していきたいだ。出産での体の変化に悩んでいる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です