ライフスタイル専門家のペリーがライフスタイルの持ち味を見ない我が家にする方針してやろう

我々、今独り暮しなんですよ。ついでにいうなら引っ越してからきちんと自身を呼んでいないので、きちんと私の在宅を知っている自身もいないんです。こんなある日の夕刻、・・・ベランダからがさ、がさがさって調が。え、自身?ストーカー?奇妙奴?としてこわごわカーテンを開けると・・・猫がごみカバンあさっていらっしゃるか!なにしてるの?あなたならストーカー、大歓迎だけどなにしてるの?始末でした。緊張してていっきになごみましたが正に何してたんでしょうか?そのごみカバンは先ずプラスティック系のアイテムしか入っていないというよ?それに、そろそろ我々眠るんだけど、こういうまおそらくさるつもりなのかな?私のベット、窓の間近なのでものすごく気になるんですけどどうすればいいですか?と暫し猫を見つめていました。猫は自身になれているのか気にせずごみをあさり続けていました。驚いていいのか笑っていいのか、なごんでいいのか思い付か気力を抱えながら寝ました。その後おんなじ猫がうちの住居前の自転車地点に堂々と寝転んでいて自転車でひくかと思いました。どうして、こういう住居はこんなに猫が堂々とやるんだろう?といったクエスチョンに思いながらも和むので一層誰も追い払う箇所無く、猫がうろうろしています。こちら