自分が何を言っているかわからない嬉しいな題????

三男が幼稚園の年長だったあたり、『生年月日贈り物は何が喜ばしい?』と聞くと『ハピネスを運ぶ青い鳥』…と答えるので、親バカな身は「何てこの子はロマンチストです!」といった感動しながら、ペットショップへ鳥を見に行った事があります。
色んな鳥が鳴いて要る中で、その日速攻で選んだのは、それはそれは綺麗なブルーの入った『青いインコ』でした。
他の鳥は比べ物にならないほど、キャラクターを感じた人類家族は、一目ぼれしたその『ハピネスを運ぶ青い鳥』を建物へ連れて帰りました。
三男の喜ぶ面持ちってキラキラときらめくまぶたに、とってもこういう鳥は『ハピネスを運ぶ青い鳥』かもしれない!
‥と思った身ですが、反対にその『青い鳥』は、建物で危機感を覚えていたのかもしれません。
何度か鳥かごのシャッターを嘴で開けようとした事があったので、開けられないように洗濯ばさみでシャッターを抑えたり、紐で括ったりして脱走を阻止していました。
ある日、甚だしく宜しい空模様だったので鳥かごをベランダに出して『青い鳥』も日光浴をさせていました。
洗濯物を干し終えて、広場でダラダラしていた身。
長時間事後…、何処からか滅茶滅茶亢奮な鳥の鳴き声が広がるなぁと思い、ベランダに出て出先を眺めていると、隣席の我が家の屋根に止まってこちらを見ながら歌っている鳥がはじめ羽…。
我が家の『青い鳥』に丸ごと!ん!?…って籠に瞳を向ければ、いらっしゃるはずの『ハピネスを運ぶ青い鳥』はそこにおらず、正しく目の前で歌って要るその鳥が我が家の鳥でした。「こらっ!帰ってらっしゃい!」…という広告を聞いたからか、身をおちょくるように歌い終わった後、ただただ空の彼方へハピネスを求めて飛んで行った青い鳥。
三男が幼稚園から帰り現実を知った事後、どうなったかは言うまでもない始末が続いていました。

こんな大イベントがあった2お天道様事後、亭主が現場から一緒に連れて帰ってきたのは、オカメインコの『亀君』。
「あれれ? 噂でしょ! あんなおすすめ症例な事例ってあるの?」
私の感情の所見が吠えたのはいうもありません。
ついつい、店舗のガレージに迷い込んですその鳥は、イエローの羽に赤いほっぺのインコでした。
我が家の『ハピネスを運ぶ青い鳥』は、『黄色い鳥』となってやって帰って来たのでした。http://virusrobotics.com/