二重あごを治すためには、姿勢を正すことが遠回りのようで近道!

二重あごに悩んでいます。体はどちらかというと痩せている方なのですが、少し下を向くだけであご下の肉が目立ちます。インターネットで二重あごをなくす方法を検索したり、テレビで特集があれば必ず見ては試してきました。二重あごの原因は、あまり固い食べ物を食べないことによる、あごの筋肉の衰えだと思っていました。なので、私はあごの筋肉を動かすことを中心にエクササイズなどを行ってみました。
私が試した方法は、
・上を向いて舌をを真上、左右に各10回ずつを1日に3セット
・上の向いて舌を時計回りに30回、反時計周りに30回
・首のリンパマッサージ
・ガムやスルメなど固いものを毎日噛む
・お風呂での顔用サウナマスク
などを試してきましたが、これといった大きな変化はありませんでした。何もしないよりはマシだろうと舌の体操は続けていました。それでも二重あごが鏡に映るたび、どうにかしたいとと日々悩んでいました。
そして、二重あごは筋肉の衰えの他にも、姿勢の悪さも大きな要因になることを知りました。私は幼い頃から猫背で、背もたれがないと長時間座っているのもキツイほど姿勢が悪いのです。あごの筋肉の強化に加えて、姿勢を治すことに力を入れることにしました。
姿勢を治すため行った方法で、効果があったものを紹介します。
まず肩が内に入るのを止めるように肩甲骨を動かすストレッチをしました。普段使わない肩甲骨が伸びるのは、思ったよりも気持ち良く、3日坊主にならずに続けられました。普段の生活でも肩甲骨を中心に寄せることを意識して過ごしました。これに加えて毎晩、腕をバンザイの格好で仰向けになり、腰と床の間にクッション入れると、自然と胸が張るような状態となり、この状態を10分間キープすると良い姿勢の癖が付いていきます。姿勢を正すように意識してから、二重あごも前ほどひどくはなくなってきました。少なからず、二重あご改善の糸口が見えてきたため、今も正しい姿勢と、あごの筋肉をできるだけ使うことを意識して過ごしています。二重あごを改善するためには、遠回りのように思えても、姿勢を治した方が近道になると思います。バルクオム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です