自作甘酒で上手く美肌に美白効果も期待できる夏バテ防御にも!

現在、また注目されている甘酒ですが、私も自分が甘酒がとても好きで飲んでいました。
甘酒の効能を調べると、甘酒には2種類があり、酒粕からつくられる甘酒という米麹からつくられる甘酒がありということが分かりました。
手間隙がかからない酒かすで作られている甘酒の方が物流が多いようですが、
酒かすから作られた甘酒には、甘味を増すために大量の砂糖を加えているので、あまりに糖類が多くカロリーが高くなってしまいます。
シェイプアップには不得意です。
また、酒かすから作られた甘酒は、リカーも含まれていますので、
リカーがダメな方もきをつけたほうがいいですね。
米麹で作られた甘酒は米といった麹を発酵させて作りますが、自宅で手軽に炊飯器で1回にいくらでも作ることができるのです。
発酵の段階で自然の甘さが出ますので、砂糖は不使用で、カロリーも薄くノンリカーなので安心です。
また、栄養が豊富なのは、酒かすから作られた甘酒ではなく、米麹から作られた発酵メニューの甘酒だ。
作り方はとても簡単で炊飯器に米麹を300g入れ水300cc入れて布ふきんをかぶせその上から蓋をしめます。
蓋がちゃんとしまらないので、上に重しになる感じを置くようにします。
そうして待つ事4日数、大変醗酵が進んでいます。
ここで1度かき混ぜます。
後はまた蓋をし4日数待つだけです。
先、鍋に移し替え1度沸騰させて出来上がりだ。
暑い夏は冷蔵庫でするどく冷やして飲むという夏バテプロテクトに大いに効果的です。
栄養分価はビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、食物繊維、オリゴ、システイン、アルギニン、グルタミンなどのアミノ酸
大量のブドウ糖など殊に女子に楽しい根本が腹いっぱいだ。
飲む点滴とも言われています。
一際コウジ酸は美肌効果が高く、染みの原因となる過剰なメラニン作成を抑えて染みのプロテクトができます。
栄養分も取れて、美容にもやけに良いので続けていきたいとしています。 プロテオグリカン美容液

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です